文学部の哲学科

文学部の哲学科

文学部の哲学科では、おもに社会で生きて行くための思考や方法を学び、社会の荒波にも負けない、メンタル面やフィジカル面での強さを身につけるための学習に取り組みます。文学部の哲学科では一般的には、ドイツ哲学やフランス哲学、英米系哲学、古代中世哲学といった、西欧思想を柱とした授業が取り入れられています。

例えば哲学者として世界的にも有名なジャン=ジャック・ルソーの思想などは、授業でも多く取り上げられています。また大学によっては、東洋哲学を専門としているところなどもあります。

哲学と聞くと難しく感じる人も多いとは思いますが、実際にはごく身近でなじみ深いものでも哲学になる場合があるなど、非常に興味深い学問となっています。そしていずれの大学においても文学部の哲学科における目標は、人生をたくましく生きるための基礎となる、思考力を鍛えることとされています。

難しい問題でもまずは抽象的な表現に置き換えて整理をし、そこからもう一度社会や人間に置き換えて、答えを導き出すといった能力を鍛えます。抽象的な思考力を高める訓練としては、大学によってさまざまな科目がカリキュラムに用意されています。

例えば西洋美術や日本の伝統芸能などに関する芸術科目や、映画・演劇、サブカルチャーに関する科目など、学生の関心が高い分野の科目なども多く用意されています。哲学を理解し、さまざまな知識や教養を幅広く身につけることによって、思考力を養うことができます。

また文学部の哲学科は、対話によって学ぶ学問という特質上、少人数制が設けられているという大学も多くなっています。大学によっては、全員がゼミナールに所属するといった、システムが設けられているところもあります。

少人数制のクラスによって、他の生徒とのディスカッションなどを通して、思考の方法を身につけるトレーニングが行いやすくなっています。文学部に哲学科が設けられている大学は限られてはいますが、人間学科や人文学科などに、哲学コースが設けられているという場合も多くなっています。
気軽にシェア、宜しくお願い致します。



大学の資料請求にオススメなのがリクナビ進学


定番の学習教材、進研ゼミ高校講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会&アドセンス広告