文学部で取得しやすくなる資格「社会教育主事」

文学部で取得しやすくなる資格「社会教育主事」

文学部で目指すことができる資格には、社会教育主事があります。社会教育主事というのは、社会教育の従事者に対して、専門的および技術的な助言や、指導を行う立場の人のことを言います。

通常は都道府県や市町村に設けられている、教育委員会の事務局に配属をされて、職務を遂行することとなります。社会教育主事の職務は多岐にわたっており、社会教育関連団体や社会教育施設、社会教育行政職員などに対する助言や指導、社会教育事業の企画・立案・実施など、さまざまな業務が含まれています。

文学部ではおもに、社会教育に関する科目を履修しておくと、有利となります。文学部から社会教育主事を目指すためには、特別な資格試験というものはありませんが、定められた4つの条件の中から1つを満たすということが必要となります。

具体的には1つ目には、大学に2年以上在学して62単位を修得し、かつ関連する職種において合計3年以上の職務経験を積み、講習を修了した者ということが挙げられています。2つ目には、教職員の普通免許保持者であり、かつ5年以上文部科学大臣が指定する教育に関する職務に従事し、講習を修了した者ということが挙げられています。

3つ目には、大学に2年以上在学して62単位以上を修得し、かつ文部科学省令で定められた社会教育に関する科目の単位を修得し、さらに関連する職種における職務経験が1年以上ある者ということが挙げられています。そして4つ目には、講習を修了し、かつ1つ目から3つ目に掲げられている条件に相当する教養や経験があると、都道府県の教育委員会から認定された者となっています。

社会教育主事の講習は、全国の大学や国立教育政策研究所社会教育実践研究センターで実施されており、およそ40日間の講習となっています。講習を受けるためにも受講資格が設けられており、条件を満たしているということが必要となります。

そしてすべての条件を満たし、かつ都道府県または市町村教育委員会から発令を受けることによって、職務に就くことが可能となります。
気軽にシェア、宜しくお願い致します。



大学の資料請求にオススメなのがリクナビ進学


定番の学習教材、進研ゼミ高校講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会&アドセンス広告