文学部で取得しやすくなる資格「社会福祉主事」

文学部で取得しやすくなる資格「社会福祉主事」

文学部で目指すことが可能な資格には、社会福祉主事があります。社会福祉主事というのは、福祉法に基づいて、支援や保護を必要とする人の相談にのったり、適切な援助や育成、更生を指導する立場の人のことを言います。

通常は公務員として採用されたのちに、公的な福祉事務所などへ配属されて、業務をこなすこととなります。そのため文学部から社会福祉主事の資格取得を目指す場合には、まずは公務員試験に合格するための対策を取るということが必要となります。

また大学では、厚生労働省が指定する社会福祉に関する科目を、履修するということも必要となります。具体的には厚生労働省の指定する社会福祉に関する34科目の中から、3科目以上を履修して卒業するということが必要となります。

34の科目には、「社会福祉概論」「社会福祉事業史」「社会福祉援助技術論」「社会福祉調査論」「社会福祉施設経営論」「社会福祉行政論」「社会保障論」「公的扶助論」「児童福祉論」「家庭福祉論」「保育理論」「身体障害者福祉論」「知的障害者福祉論」「精神障害者保健福祉論」「老人福祉論」「医療社会事業論」「地域福祉論」「法学」「民法」「行政法」「経済学」「社会政策」「経済政策」「心理学」「社会学」「倫理学」「公衆衛生学」「医学一般」「リハビリテーション論」「看護学」「介護概論」「栄養学」「家政学」が挙げられています。これらは文学部であれば、問題なく3科目以上を履修することができる科目となっています。

社会福祉主事としての任務につくための特別な資格試験というものはなく、履修・卒業の条件をクリアすることによって、任用資格を得ることができます。しかし実際に福祉事務所などへ採用されるためには、各地方自治体によって実施されている、公務員採用試験に合格をするということが必要となります。

また試験に合格をして希望通り福祉事務所に配属をされたとしても、ポジションに空きがなければ、必ずしも社会福祉主事として配置されるというわけではありません。
気軽にシェア、宜しくお願い致します。



大学の資料請求にオススメなのがリクナビ進学


定番の学習教材、進研ゼミ高校講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会&アドセンス広告