文学部で取得しやすくなる資格「学校図書館司書教諭」

文学部で取得しやすくなる資格「学校図書館司書教諭」

大学の文学部で学ぶことによって、学校図書館司書教諭の資格を取得することのできるケースが多々あります。多くの学校において文学部で、学校図書館司書教諭を目指すべく課程が設けられています。

必要とされている単位を修得した上で、学校図書館司書教諭講習を受講する必要があるとされていますが、これは申請の手続きをして『書類上の参加』をすれば良いということになっています。その講習修了証書の交付をもって、資格を取得することができるということになります。

資格を持っていることによって、学校図書館の運営について図書館についての知識や技能を修得しているものとして認められ、学校図書館の担当教諭として配置されることが可能になります。また、その職務上の性質から、各大学では文学部において課程を設けている場合が多くなっています。

履修が必要な科目としては学校図書館司書教諭講習規程において学校経営と学校図書館、学校図書館メディアの構成、学習指導と学校図書館、読書と豊かな人間性、情報メディアの活用といった科目をそれぞれ2単位ずつ、合計で10単位を修得するように定められています。この講習を受ける上では教育職員免許法のもと小学校、中学校、高校、特別支援学校の教諭として何かしらの普通免許状を取得していること、もしくは大学に2年以上在学していて62単位以上を修得している学生であることが条件となっています。

各大学ではこの講習内容を満たすものとして対応する科目を設けていて、規程どおりそれぞれ2単位、合計で10単位となっていることが一般的です。司書教諭であると通常の教科担当教諭としての指導に加え、学校図書館を管理、運営することによって児童や生徒の読書活動を促進したり情報を活用する能力について育成する手助けにもなります。

情報化社会となった今、子どもたちにとって時代を生きていくために読書を通じて心を豊かにしていくことも必須となります。それとともに、それぞれの先生たちによる教育活動を支援することにもなります。
気軽にシェア、宜しくお願い致します。



大学の資料請求にオススメなのがリクナビ進学


定番の学習教材、進研ゼミ高校講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会&アドセンス広告